安室奈美恵の『Dear Diary』をmp3でダウンロードする方法!映画の主題歌をフルで無料視聴できる?

安室奈美恵のDear DiaryR&B

安室奈美恵の『Dear Diary』をmp3で無料ダウンロードする他の方法

  • 家にPCがないからCD音源を取り込めない
  • 今すぐ『Dear Diary』をダウンロードしたい

そんなときはTSUTAYAディスカスではなく、music.jpという音楽サービスを使いましょう。

music.jpのトップページ

music.jpの”30日お試し期間”に登録すれば、音楽ポイント600円分・動画ポイント1000円分がもらえるので、『Dear Diary』をポイントで購入してダウンロードできます。

(music.jpも30日以内に解約すれば無料で使えます)

曲をダウンロードする手順
  1. music.jpに登録する
    公式サイト⇒music.jpのお試し登録はコチラ
  2. 『Dear Diary』と検索する
  3. ポイントを使って実質無料でダウンロードする

他の曲やDVDも一緒に宅配レンタルできるTSUTAYAディスカスと比べるとお得感は半減。

ただ『Dear Diary』をすぐに聴きたいなら、music.jpを使った方が早く曲をダウンロードできますね。

しかもポイントを使えば、安室奈美恵の『Dear Diary』以外の曲もダウンロードできます。

安室奈美恵のおすすめ曲
  • アルバム収録曲Finally
  • オリンピック応援歌Hero
  • ドラマ主題歌Contrail
  • ワンピース主題歌Hope
  • タイアップした映画デスノートのレンタル視聴

もし初月に解約したいときも、『メニューの設定』から『プレミアムコース解約』を選べば簡単。

(退会する前に登録時にもらったポイントを使い切るのがオススメ)

 

このように安室奈美恵の『Dear Diary』を無料でダウンロードしたいなら、TSUTAYAディスカスかmusic.jpのどちらかを選びましょう。

他の曲も聴きたいならTSUTAYAディスカス、今すぐ『Dear Diary』を聴きたいならmusic.jpがオススメです。

music.jpで『Dear Diary』をダウンロードする手順はコチラ

 

デスノートとタイアップした安室奈美恵『Dear Diary』の歌詞やインタビュー内容などの曲紹介

最後に安室奈美恵の『Dear Diary』の曲紹介をします。

曲紹介
曲名Dear Diary
アーティスト名安室奈美恵
作詞・作曲作詞・作曲:Matthew Tishler、Felicia Barton、Aaron Benward
Wikipedia曲のWikipediaはコチラ
歌詞歌詞を見てみる

今回の曲「Dear Diary(読み方:ディアー・ダイアリー)」は、安室奈美恵の46枚目のシングル。

「Fighter」ともに両A面シングルとしてリリースされました。

 

「Dear Diary」は映画デスノートの主題歌になったバラード。

一方で劇中歌になった「Fighter」は映画の弥海砂の目線で描いたダンスナンバーとなっています。

安室奈美恵へのインタビュー

安室奈美恵さんは今回の楽曲について『Dear Diaryはバラード、劇中歌Fighterはダンスナンバーですが、どちらも共通して自分の信念への真っ直ぐな想いを歌っています。』とコメント。

タイアップした映画に合わせて『この2曲で、より映画の魅力を引き立てることができれば嬉しいです。』と答えています。

ライブでも盛り上がる【Twitteでの曲の感想】

映画『デスノート Light up the NEW world』の主題歌になった『Dear Diary』

TSUTAYAディスカスのお試し期間を使えば、CDだけではなくタイアップした映画のDVDも一緒にレンタルできますよ。

安室奈美恵の『Dear Diary』をmp3でダウンロード!フルCD音源ならフルで聴ける

安室奈美恵のDear Diary

今回は安室奈美恵の『Dear Diary』のフル音源をmp3形式でダウンロードして視聴する方法を紹介しました。

『Dear Diary』をダウンロードしたいなら、TSUTAYAディスカスのお試し期間を使ってCDを宅配レンタルしてもらいましょう。

 

『Dear Diary』以外のCDやアルバムを選ぶと、安室奈美恵の他の曲も一緒に聴けるのでお得ですよ。

そしてタイアップした映画『デスノート Light up the NEW world』のDVDを借りて、お試し期間で音楽や映画・ドラマを満喫しましょう。

TSUTAYAディスカスで『Dear Diary』をダウンロードする方法はコチラ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました