『は行』のおすすめ歌手・アーティストの曲一覧

は行の歌手とアーティスト

back number

日本のスリーピースバンド。 通称:「バクナン」、「bn」。2011年シングル「はなびら」でメジャーデビュー。

新人ながら『ROCK IN JAPAN』『RISING SUN ROCK FES.』など6本の夏フェスに出演。

以降、シングル「クリスマスソング」、「ハッピーエンド」、「ヒロイン」、「高嶺の花子さん」などのヒットソングを発表。

秦基博

2006年「シンクロ」でデビュー。

力強さと繊細さを併せ持つ歌声は“鋼と硝子で出来た声”と称され、圧倒的な歌唱力とライブパフォーマンスで話題に。

浜崎あゆみ

愛称は“あゆ”。

98年にシングル「Poker face」で歌手デビューすると、共感を呼ぶ歌詞とともにファッションアイコンとしても注目され、若者のカリスマ的存在に。

BUMP OF CHICKEN

藤原基央(Vo&G)、増川弘明(G)、直井由文(B)、升秀夫(Dr)によるロックバンド。

幼稚園からの幼なじみ同士で結成。

2000年にシングル「ダイヤモンド」でメジャーデビューし、 翌年「天体観測」がヒット。

BiSH

アイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・Dの6人からなる楽器を持たないパンクバンド。

かつてBiSを手がけた渡辺淳之介が「BiSをもう一度始める」とBiSHの活動が始まる。

日向坂46

日本の女性アイドルグループ。

秋元康のプロデュースにより、2015年11月30日に結成し、2019年まで”けやき坂46″として活動。

2019年3月27日にシングルデビュー

平井堅

 

この投稿をInstagramで見る

 

平井 堅_official(@hiraiken_official)がシェアした投稿

日本のシンガーソングライター。1972年1月17日生まれ、大阪府出身。 A型。

2004年「瞳をとじて」(映画『世界の中心で、愛をさけぶ』の主題歌)の大ヒットで、日本のミュージックシーンにおいて不動の地位を獲得。

Billie Eilish(ビリーアイリッシュ)

2001年12月18日生まれの18歳、米国ロサンゼルスのシンガー・ソングライター。

デビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』は世界中で250億回以上ストリームされ、米ビルボード・アルバム・チャートの年間アルバム・チャートでは史上最年少で1位に輝いた。

2020年には「第62回グラミー賞」で、史上最年少18歳で、年間最優秀レコード、年間最優秀アルバム、年間最優秀楽曲、最優秀新人賞の主要4部門に加えて合計5部門を受賞。

星野源

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gén Hoshino 星野源(@iamgenhoshino)がシェアした投稿

シンガーソングライター・俳優。  音楽家、俳優、文筆業など多方面で活動。 2000年にバンドSAKEROCKを結成。

また、2016年10月にリリースしたシングル『恋』は、自身も出演したドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の主題歌として社会現象とも呼べる大ヒットを記録した。

タイトルとURLをコピーしました