宇多田ヒカルの『花束を君に』をmp3で無料ダウンロードする方法!朝ドラの主題歌をフルで聴く

宇多田ヒカルの花束を君にR&B

▼『花束を君に』をmp3で聴く▼

サービス名配信お試し期間と料金
30日”無料”お試し
月額 2417円⇒0円
TSUTAYAディスカスのお試しはコチラ

公式HP⇒TSUTAYAディスカスで『花束を君に』を無料でダウンロードする

 

今回は宇多田ヒカルさんが作詞作曲を手掛けた、『花束を君に』をmp3で無料ダウンロードする方法を紹介します。

この曲は宇多田ヒカルさんが亡き母を想い作ったもので、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主題歌になりました。

 

そんな『花束を君に』は、TSUTAYAディスカスの”30日お試し期間”を利用すれば、CDを無料で借りて曲をmp3でダウンロードできます。

TSUTAYAディスカスのメリット
  • 30日間のお試し期間は無料で使える
    (30日以内に解約すれば0円)
  • CDやDVDが合計8枚レンタルできる
    (他のCDもレンタルできる)
    (タイアップした朝ドラも楽しめる)
  • 動画配信サービス”TSUTAYA TV”も使える

TSUTAYAディスカスの無料お試し中は、合計8枚のCDやDVDが宅配レンタル可能。

だから『花束を君に』以外のCDやアルバムはもちろん、タイアップした連続テレビ小説『とと姉ちゃん』のDVDを借りることができます。

 

しかもTSUTAYAディスカスを使って『花束を君に』をmp3でダウンロードする手順も簡単。

下記の公式サイトから『お試し登録』をしてCDを宅配してもらい、PCを使ってmp3形式で曲を取り込むだけです。

公式⇒TSUTAYAディスカスで『花束を君に』を無料ダウンロードする

※このページの情報は2020年11月時点のものです。

 

宇多田ヒカルの『花束を君に』をmp3のフル音源で無料ダウンロードする方法

宇多田ヒカルの『花束を君に』をmp3のフル音源で無料ダウンロードしたいなら、TSUTAYAディスカスのお試し期間を使いましょう。

先ほども言いましたが、TSUTAYAディスカスのお試し期間なら無料でCDを宅配レンタルできるので、楽曲をPCに取り込むことができます。

 

もしituneやレコチョクで曲をDLすれば、1曲ごとにお金がかかります。

それにサブスクなどの音楽配信サービスも、無料期間を過ぎたら毎月課金しないと曲が聴けない。

 

もちろんYouTubeの音源を違法サイトを使ってmp3でDLするのは、ウイルス被害のリスクもあるし音質も良くないですよね?

だから無料で曲をダウンロードしたいなら、TSUTAYAディスカスでCDをレンタルして曲を取り込むのが安全かつ確実な方法になります。

 

『花束を君に』の収録アルバムをTSUTAYAディスカスでレンタルしてDownloadする手順

TSUTAYAディスカスを使って『花束を君に』を宅配レンタルする手順は簡単。

まずはTSUTAYAディスカスの公式サイトでお試し期間の登録をします。

公式サイト⇒TSUTAYAディスカスのお試し登録はコチラ

 

登録方法は公式サイトの「まずは30日間無料お試し」へ移動して、登録情報を入力して「申し込む」を押せばOK。

(会員登録するまでにかかる時間は3分ほど)

登録したら、あとは曲名で検索してCDを選び宅配してもらうだけ。

今回の『花束を君に』を視聴したいなら、アルバム『Fantome』を選べば、他の曲も一緒にmp3で取り込むことができますよ。

【Fantomeの曲リスト】
  1. 道 (3分36秒)
  2. 俺の彼女 (5分4秒)
  3. 花束を君に (4分38秒)
  4. 二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎 (4分42秒)
  5. 人魚 (4分16秒)
  6. ともだち with 小袋成彬 (4分22秒)
  7. 真夏の通り雨 (5分38秒)
  8. 荒野の狼 (4分34秒)
  9. 忘却 featuring KOHH (5分5秒)
  10. 人生最高の日 (3分10秒)
  11. 桜流し (4分40秒)

宅配を選べば、だいたい翌日に発送され、2~3日後くらいには自宅にCDが届きます。

CDが届いたら、パソコンやスマホに曲を取り込んでダウンロードするだけ。

あとは外出したついでに、レンタルしたCDを郵便ポストに入れたら返却完了です。

TSUTAYAディスカスで『花束を君に』を無料DLする手順を再確認する

 

TSUTAYAディスカスで『花束を君に』以外の曲や作品も視聴しよう

TSUTAYAディスカスを使えば『花束を君に』を無料でダウンロードして視聴できます。

ただ、それだけでTSUTAYAディスカスを解約するのはもったいないんですよね。

なぜならTSUTAYAディスカスのお試し期間中は、合計8枚のCDやDVDをレンタルできるから。

 

だから宇多田ヒカルの『花束を君に』以外の曲や、タイアップした朝ドラ『とと姉ちゃん』のDVDなども宅配レンタルが可能。

(お試し期間中のみ新作は借りられないので、その点だけ注意してください。)

【こんなCD・DVDもレンタル可能】
  • 宇多田ヒカルの他のアルバム
  • タイアップした朝ドラのDVD
  • 以前から見たかった映画やドラマ
  • お店で借りるのは恥ずかしい大人向けのDVD♡

しかもお試し期間中だと今なら、TSUTAYAの動画配信サービス『TSUTAYA TV』も同時に使えるので、スマホやPCで他の動画も楽しめます。

このようにTSUTAYAディスカスのお試し登録中は、『花束を君に』をレンタルする以外にもいろんな楽しみ方ができますよ。

TSUTAYAディスカスで『花束を君に』を無料DLする手順はコチラ

 

『花束を君に』をDL後にTSUTAYAディスカスを退会する方法

TSUTAYAディスカスはCD・DVDを宅配してくれるお手軽なサービス。

しかもお試し期間終了後は、宅配サービスの“TSUTAYAディスカス”と、動画配信サービスの“TSUTAYA TV”のどちらか片方だけでも継続できます。

なので多くのユーザーはお試し期間後もTSUTAYAディスカスを継続して、音楽や映画をお得にレンタルして楽しんでいます。

 

ただどうしても無料にこだわるなら、レンタルしたCDを返却した後に登録30日以内に解約しましょう。

「マイメニュー」から「登録情報の確認」へ移動し、「サービス解除申請」をすれば完了。

簡単に解除できるので、会員登録すること自体に不安を感じる必要はありません。

『花束を君に』をTSUTAYAディスカスで無料DLする手順に戻る

 

宇多田ヒカルの『花束を君に』を無料で視聴する2つ目の方法

・CDやDVDを宅配してもらうのは面倒
・今すぐ『花束を君に』をスマホで聴きたい

そんな時は音楽サイトのmusic.jpのお試し登録を使うという方法もあります。

music.jpのトップページ

実はこのmusic.jpにもTSUTAYAディスカスと同じようにお試し期間があるんですね。

そのお試し期間でもらえるポイントを使えば、『花束を君に』を無料でダウンロードして今すぐスマホで聴くことができます。

 

もちろんmusic.jpも30日以内に解約すれば1円もかかりません。

なので今すぐスマホで『花束を君に』を聴きたい場合は、music.jpの公式サイトからお試し登録をしましょう。

music.jpで『花束を君に』を無料ダウンロードするならコチラ

 

music.jpを使って『花束を君に』を無料でダウンロードする手順

music.jpから『花束を君に』をダウンロードする方法は簡単。

まず公式サイトから”30日間無料おためし”をタップしましょう。

公式サイト⇒music.jpの30日間無料おためしページはこちら

 

支払い方法を選び会員登録を済ませると、ポイントがもらえます。

(会員登録時にお支払方法を選択しますが、30日以内に解約すれば無料で使えます。)

あとは曲名に『花束を君に』と入れて検索して、ポイントを使って購入するだけ。

このようにお試し期間でもらえるポイントを使えば、無料で『花束を君に』をDLして視聴することができます。

ただ1曲だけダウンロードしてmusic.jpを解約するのはもったいないので注意!

なぜならmusic.jpの”30日間無料おためし”は、音楽ポイント600円分・動画ポイント1000円分をもらえるから。

music.jpなら『花束を君に』以外にもたくさんの曲がダウンロードできますよ。

宇多田ヒカルのおすすめ曲

1カ月間のお試し期間があるので、焦らなくて大丈夫。

music.jpのサイト内で欲しい音楽や漫画・映画をチェックして、ポイントを使い切りましょう。

『花束を君に』をmusic.jpで無料DLする手順はコチラ

 

『花束を君に』をDL後にmusic.jpを解約する方法

TSUTAYAディスカスと同じく、music.jpも1カ月以内に解約すれば無料で使えます。

30日のお試し期間内に「メニュー」の「設定」にある「プレミアムコース解約」を選択するだけ。

music.jpのプレミアムコース解除

私も一度退会しましたが、1円もかかりませんでした。

もしPCなどが家になくてCDの曲を取り込めないときは、TSUTAYAディスカスよりmusic.jpがオススメです。

『花束を君に』をmusic.jpで無料DLする手順はコチラ

 

宇多田ヒカルの『花束を君に』を無料で視聴する他の方法

実は『花束を君に』を無料で視聴するのは他の方法もあります。

具体的には2つの方法がありますが、どちらも注意点があります。

『花束を君に』を音楽配信のサブスク(ストリーミング)で視聴する

1つ目の方法は音楽配信アプリを使うというもの。

『花束を君に』を視聴できる音楽配信サービスを無料期間の間だけ聴くという方法です。

配信サービス配信状況お試し期間と料金
1ヶ月の無料体験
月額980円
Amazonミュージックはこちら
31日間無料体験
月額500円
dヒッツはこちら
3ヶ月無料体験
月額980円
LINE MUSIC はこちら
1ヶ月 無料体験
月額980円
SPOTIFYはこちら
1ヶ月無料体験
月980円(Android)
月1280円(iPhone)
YOUTUBE MUSICはこちら

ただ配信サービスのデメリットは、お試し期間が過ぎたら有料になること。

サービスを継続するには月額課金が必要になるし、最新曲は課金しないと聴けないこともあって使いづらいです。

 

ただ将来的に課金をしてもいいなら、サブスクなどの音楽配信サービスを使うのもいいでしょう。

ちなみにもし登録するなら無料お試し期間があるAmazon Music Unlimitedがおすすめ。

Amazon Music Unlimitedなら6,500万曲以上を聴けますし、新曲への対応も早いですよ。

Amazon Music Unlimitedのお試しプランはこちら

 

『花束を君に』をYouTubeからmp3形式でDownloadする危険性

2つ目の方法は、YouTubeの音源を違法サイトを使ってmp3形式でDLするというもの。

確かに無料でダウンロードできる可能性はありますが、逆にウイルス感染など危険も出てきます。

実際に被害に遭う人もいますし、『自分だけは大丈夫』と思うのは危ないですよ。

ウイルスなどのリスクからYouTubeの動画を違法サイトでDLする方法はオススメできません。

『花束を君に』を聴きたいなら、music.jpを使った方が安全です。

『花束を君に』をTSUTAYAディスカスで無料DLする手順はコチラ

 

紅白でも披露された朝ドラのタイアップ『宇多田ヒカルの花束を君に』の歌詞やインタビュー


最後に『花束を君に』について曲の情報を紹介します。

曲情報
曲名花束を君に
アーティスト名宇多田ヒカル
作詞・作曲作詞作曲:宇多田ヒカル
公式サイト曲・アーティストの公式サイトはコチラ
Wikipedia曲のWikipediaはコチラ
歌詞歌詞を見てみる

今回の「花束を君に(読み方:はなたばをきみに)』は、宇多田ヒカルさんの4作目の配信限定シングルとしてリリースされました。

この曲はNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主題歌となっています。

それについて宇多田ヒカルさんは『意識的に窓口を広げる作詞をした。いろんな状況でいろんな人に当てはまるように』とコメントしています。

母の死から作った曲?宇多田ヒカルへのインタビューと歌詞の意味

『花束を君に』と「君」とは、宇多田ヒカルさんの母親であると、本人が語っています。

この曲は亡くなった彼女への手紙であるとコメントされていました。

初めてパソコンで歌詞を書き出したんですよ、作詞の最後のほうで。

今回、特に歌詞が難しかった「花束を君に」と「真夏の通り雨」は、かなり時間がかかったんです。

幾つかのキーワードがぽつぽつと浮かんで来ても、題材がデリケートなだけに上手く進まなくて。
あと自分でも書くのがセラピーみたいな感じもあったので。

引用元 https://realsound.jp/2016/09/post-9393_2.html

切ないし泣ける!天才との声も!?曲を視聴したファンの感想

聴いていると涙が出てくる繊細な歌詞が魅力的な『花束を君に』

TSUTAYAディスカスのお試し期間を使ってアルバムをレンタルすれば、他の曲も一緒に楽しめますよ。

宇多田ヒカルの名曲『花束を君に』はmp3で無料ダウンロードできる!CD音源なら本人のフルが聴ける

今回は『花束を君に』のフル音源をmp3形式でダウンロードして視聴する方法を紹介しました。

無料で安全にダウンロードしたいならTSUTAYAディスカスのお試し期間を利用しましょう。

 

TSUTAYAディスカスのお試し期間なら合計でCDやDVDを8枚も宅配レンタルでき、動画配信サービス『TSUTAYA TV』を利用できます。

なので宇多田ヒカルの『花束を君に』だけではなく、他の曲やタイアップした朝ドラ『とと姉ちゃん』のDVDも一緒にレンタルできますよ。

『花束を君に』を無料でダウンロードできるTSUTAYAディスカスはコチラ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました