2020年におすすめの女性シンガーと曲

2020年におすすめの女性シンガーを紹介。

目次欄から気になる歌手を探して、オススメ曲を選ぼう。

あいみょん

兵庫県出身のシンガーソングライターである。

かつて歌手を夢見ていた祖母や、音響関係の仕事に就いている父親の影響で幼少の頃より音楽に触れて育ち、中学の頃からソングライティングを始める。

 

Aimer

15歳の頃、歌唱による喉の酷使が原因で突如声が出なくなるアクシデントに見舞われるも、数年後には独特のハスキーで甘い歌声を得ることとなる。

アーティスト名は、自身の長年の愛称である「エメ」に由来し、フランス語で「愛する」「好む」を意味する動詞である。

 

家入レオ

福岡出身。

13歳で音楽塾ヴォイスの門を叩き、青春期ならではの叫び・葛藤を爆発させた「サブリナ」を完成させた15の時、音楽の道で生きていくことを決意。翌年単身上京。都内の高校へ通いながら、2012年2月

第54回日本レコード大賞最優秀新人賞他数多くの新人賞を受賞。

 

宇多田ヒカル

日本のシンガーソングライター。15歳の時にシングル『Automatic』でデビュー。

多くのミリオンセールスを達成し、シングル、アルバム合わせて約3600万枚という驚異的なセールスを誇る。

2010年に歌手活動を一時休止したが、その後2016年に活動を再開。

Uru

聞く人を包み込むような歌声と、神秘的な存在感で注目を集めるシンガー。

2013年よりYouTubeチャンネルを立ち上げ、新旧問わず数々の名曲をカバーする動画をアップする事をスタートし、デビュー時点で総再生回数は4400万回以上、チャンネル登録者は14万人越えというデビュー前の新人としては異例の実績を作り上げた。

上白石萌音

第7回「東宝シンデレラ」オーディションにて審査員特別賞を受賞。

その後に長編アニメーション映画『君の名は。』でヒロインに抜てきと活躍され、16年7月、カバーミニアルバム『chouchou』で歌手デビュー。

JUJU

広島県出身の女性シンガーソングライター。

12歳の頃からシンガーを志し、18歳で単身渡米。ジャズなどジャンルの音楽に触れ独自の音楽性を築いていく。

Billie Eilish(ビリーアイリッシュ)

2001年12月18日生まれの18歳、米国ロサンゼルスのシンガー・ソングライター。

デビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』は世界中で250億回以上ストリームされ、「第62回グラミー賞」で、史上最年少18歳で、年間最優秀レコード、年間最優秀アルバム、年間最優秀楽曲、最優秀新人賞の主要4部門に加えて合計5部門を受賞。

MISIA

5オクターブの音域を誇る圧倒的な歌唱力を持ち、「Queen of Soul」と呼ばれジャパニーズR&Bの先駆者と言われる。

その実力は日本国内のみならず、アジアひいては世界からも認められる。

YOASOBI

コンポーザーのAyase、ボーカルのikuraからなる、”小説を音楽にするユニット”

milet

思春期をカナダで過ごした、ハスキーかつ重厚感のある独特の唄声を兼ね揃えた女性シンガーソングライター。

2019年3月6日にメジャーデビュー。Toru(ONE OK ROCK)プロデュースによるデビュー曲「inside you」はiTunesなど人気音楽配信サイト11サイトで1位を記録。

Little Glee Monster

研ぎ澄ました歌声で人々の心に爪痕を残すことをテーマに2013年に結成された女性ボーカルグループ。

力強い歌声と高度なアカペラをも歌いこなす透き通ったハーモニーを武器に、2014年10月「放課後ハイファイブ」でメジャーデビュー。

 

 

タイトルとURLをコピーしました